海外旅行としてよく行くイギリスの伝統的な料理を紹介します。今回は前菜と肉料理についてです。

海外旅行でフィジーに行ってきた。
海外旅行でフィジーに行ってきた。

海外旅行でよく行くイギリスについて

今回は、私の好きな海外旅行について書きます。そして特によく行くイギリスの伝統的な料理を紹介します。まず、前菜です。前菜には、チップスやベイクドポテト、マッシュポテトがあります。じゃがいもを使ったものが多いです。チップスはフライドポテトのことです。味が濃く、からっとあげていて美味しいです。ベイクドポテトは、ジャガイモの皮を剥かずにそのままオーブンで焼いています。そして中身をくりぬき、火を通した玉ねぎと混ぜ、もう一回ジャガイモの皮に詰めてチーズをふりかけて、焼いたものです。焼き加減が絶妙ではまること間違いなしです。

またイギリスのマッシュポテトは、バターと牛乳が入っています。なので、こってりとしています。日本人好みのような気がします。とても濃厚で美味しいです。次にお肉関連です。ローストビーフ、ミートパイやシェパーズパイなどがあります。イギリスのローストビーフは火がしっかりと通っているので日本のものとは少し違います。ミートパイは、パイ生地の中に挽肉を詰めて焼いたものになります。シェパーズパイは聞き慣れないと思いますが、羊飼いのパイという意味です。羊のお肉と細かくみじん切りにした野菜をマッシュポテトで覆ってオーブンで焼いたものです。パイ生地の代わりにマッシュポテトが使われているのは珍しいですよね。

Copyright (C)2017海外旅行でフィジーに行ってきた。.All rights reserved.